スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サク
スポンサー広告


LOVE☆BOOK
08030401.jpg
昨日抜歯したオットのため
ツマがかいがいしくこしらえた(笑)、
歯にやさしいサンドイッチ。
しかしオット、持って行くのを忘れる…
ということでツマのお昼ご飯となりました。
ギャフン…



今日の話は長いです。
なぜなら大好きな本の話だから。
画像満載、かつかなり自己満足的な内容。
なので、興味のある方だけお読み下さい(笑)。


すでにご存知の方もいるかもしれませんが、
私、無類の本好きです。

かといって難しい本とか文学作品を
たくさん読んでるとかじゃなくて(笑)、
気軽に手に取れる本が多いのですが。
(エッセイとか料理本とか…)

本を買う時、私が一番重視するのは装丁(笑)。
もちろん内容も気にするけど、
装丁が気に入ったものであれば、
内容が少しくらいおもしろそうじゃなくたって
つい買ってしまうことが…
逆に、内容がおもしろそうなのに
装丁が好みじゃなかった場合。
悩んだ挙句、買わないこともあるなぁ。
そういう時は図書館で済ませたりします。

うちの本棚には本当に気に入った本だけ並べたい。
前も書いたけど、いつかは図書ルームを作るのが私の夢。
今は置き場所がなくて前後2重3重に置かれて埋もれてる本達…
いつかちゃんとすべての本の背表紙が見えるような
大きな本棚を壁一面に作りたい。

…なんて話がだいぶ膨らみましたが、
つまりは本の装丁好きっていうことを言いたいのですよ。

ということで、私のいまお気に入りの本達を見てやって下さい。

08030402.jpg
『暮らしの手帖版 おそうざいふう外國料理』
箱型のカバーを取ると…


08030403.jpg
こんなにかわいい赤チェック柄の
ハードカバー出現。


08030404.jpg
暮らしの手帖は写真の色味もいいのよね。

08030405.jpg
この本、古本屋さんで買ったんだけど、
いろんなページに付箋がついてた。
どれか作ったのかなー?
前の持ち主のこんな忘れ物があるのも、
古本独特のお楽しみです。


08030406.jpg
松長絵菜さんの本。
『COOK BOOK』
『スプーンとフォーク』
『12ヶ月のバスケット』


08030407.jpg
絵菜さんの本はスタイリングもかわいいけど…

08030408.jpg
とにかく細かいところまで手を抜いてない
装丁がスゴイ!
紙のカバーを外しても
これだけステキな本って少ないもの!
どこを見ても絵菜さんワールド。


08030409.jpg
『くちぶえサンドイッチ』
『暮らしの手帖』現編集長・松浦弥太郎さんの随筆集。
先日偶然ブックオフで出会ったもの。


08030410.jpg
装丁が気に入って
中も読まずに買ったものなんだけど、
きっとおもしろいに違いない…


08030411.jpg
『新版パリの料亭』辻静雄
これまた装丁が気に入って買ったもの。
佐野繁次郎氏の手書き文字がすごく好き。


08030412.jpg
カバーを外すともっと好き!
いつか佐野繁次郎氏が手がけた、
『レンガ屋』のクッキー缶も手に入れたい。


08030413.jpg
『ダ・カフェ日記』
もう何年も前からずっと読ませてもらっているサイト
が本になったということで大喜びで買いました。
サイトもステキなら本の装丁も
期待通りのステキさで二度喜ぶ。


08030414.jpg
すごく好きな色の布が貼られてる装丁。
このタイトルの色・大きさ・位置も好き。
どうやら私は布貼りの装丁に弱いらしい…


08030415.jpg
『今日の買い物』
『続・今日の買い物』
だからこの本の装丁も好き。


08030416.jpg
『野菜だより』
『おかずとご飯の本』
大好きな料理家・高山なおみさんの本。
布貼りじゃなく、台所に持っていけるように
ビニールカバー付き。
こういう実用的な工夫もぐっとくる。


08030417.jpg
『BROOCH』
この本を初めて見た時、
こんなに贅沢な本があってもいいのかと驚いた!
中はすべて薄紙だから、
丁寧に読んでいかないとすぐ破れちゃいそうな繊細さ。


08030418.jpg
もちろん挿絵?もすごくいい。

08030419.jpg
1枚1枚壁に貼りたいくらいステキ。
宝物です!



…以上、実はまだまだあるのですがここら辺で。
長々とスミマセンでした(笑)


スポンサーサイト
サク
BOOK


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。