スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サク
スポンサー広告


秋の味覚~その2
08102801.jpg
会社の女の子からの東京土産。
ピエールエルメのマカロン。


全種類食べたかったけど分け前は2つ…
迷いに迷ってバラとピスタチオを選ぶ。
ティッシュにくるんで大切にうちに持ち帰り、
(↑貧乏くさい!?)
オットとひとつずついただきました。
グフ。
おいしかったなぁ。


さて。
秋の味覚第2弾は
「栗の渋皮煮」です。



08102802.jpg
鬼皮を柔らかくするために
一晩水に漬けておいた栗たち。
ツヤツヤです。


08102803.jpg
軍手と包丁で鬼皮むき。

この作業、渋皮煮を作る中で
一番辛いと言われがちですが、
私はこの作業が一番好き。
鬼皮むくのキライな方、
お手伝いしますので、
ぜひご一報を…(笑)
あ。上手にむけるかどうかは別問題ですが(笑笑)


08102804.jpg
むきおわりました。

オットと結婚して
毎年栗拾いをするようになって、
その栗で渋皮煮を作るようになりました。

もう今年で4回目の渋皮煮。
ずっと上白糖で作ってましたが、
今年は少しでも身体を温めてくれるように、
黒砂糖をメインに、
キビ砂糖も少しプラスして作りました。

重曹を入れて3回煮こぼしやさしく洗い、
4回目は重曹を入れずに煮こぼしてやさしく洗う。
5回目でお砂糖を入れて煮る。
最後にラムで風味づけ。

難しい作業ではないけど、
時間と心に余裕が必要かも。
今年は煮てる途中に洗濯したり
なんやかんやとその他の用事をしていたら
少し煮すぎた感あり…
来年はもう少し集中しよう。


08102805.jpg
できあがり!
黒砂糖のおかげで色が濃くツヤツヤです。
甘さ控えめの渋皮煮になりました。


来年もたくさんの栗が拾えますように。
そしてたくさん鬼皮がむけますように…(笑)



スポンサーサイト
サク
保存食作り


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。